レズプレイ体験談(後篇)

では前回に引き続き…レズプレイの体験談を皆さんにご紹介していこうと思います。

【レズプレイ体験談】

私は四つんばいになってなりました。
彼女は、後部からのがばっを備えた私の脚を伸ばします。
また、彼女は腰の穴をなめて、密着して、まんこへの指の構築を継続します。
陰核を単独で、はさむので、私は「あぁぁ〜イクゥゥゥ!」と叫ばれました。
そして、私は果てました。

彼女は非常に満足に見えました。
しかし、素朴だったので、私はなんとかして退屈な印象があったので、彼女に尋ねました。

「私もおまんこ見たいな…」
「えっ?うん、イイよ…」

まんこは開かれ示されました。
まんこを見る他の最初の少女に関しては、それが甲殻類、および割れ目の成られた流れることを仮眠した蜂蜜であるように、髪は軽く上昇しました。
彼女は内気でした。

彼女は攻撃が好きなことのようで、見られる事には慣れていません。
さらに、私が陰核をむいた一方、指はまんこに押し込まれ、彼女が吸収したので、チュッチュッで吸収されました。
彼女が耐えられなくなるとともに、身体は震動していました。

このようにして、この2人はお互いに昇天したようです。
レズプレイというのも結構奥が深いようですね♪